交通事故で多い症状の頚椎捻挫

交通事故で多い症状の頚椎捻挫

交通事故で追突された場合に多い症状が頚椎捻挫別名ムチ打ちです。

症状が表れるのは翌日以降48時間以内に起きることが多く、首の周囲の筋肉や靭帯などの断裂による出血や腫れ、痛みを生じます。

早急に安静にすることが大事で、首をコルセットで固定しながら、湿布や鎮痛剤などの投与を行ないます。

炎症を抑え安静にする急性期、1ヶ月を過ぎ損傷した部分が修復されるための治療を行なうのが亜急性期となり、3か月を過ぎると回復には個人差があり、医学的には3カ月を症状回復か否かの判断とされます。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。