肩こりは低体温の人が起こしやすい

肩こりは低体温の人が起こしやすい

肩こりは低体温の人が起こしやすい

低体温になることで内臓が冷えたり血流が悪くなる等、体に良い影響を与えるとは言えません。

その中で肩こりもその1つと言えます。

血流が悪くなると筋肉も固くなってしまい、特に首や肩周辺のコリを感じる場合が多くなります。

マッサージをすることで首や肩周辺の血流が良くなり、一時的に改善されたように思えますが、原因を解決したとは残念ながらいうことは出来ません。

低体温を解決するためには冷たい物や甘いものを食べ過ぎない、生野菜より温野菜、運動をすることで筋肉を付ける、ストレスを溜めないことが挙げられます。

低体温は肩こりだけでなく免疫力も下げることになるので、健康を維持するためにも改善が必要です。

関連記事

  1. 肩こりが酷くて一ヶ月のうち半分以上は肩が痛くて辛い思いをして…

  2. 交通事故に遭ったら警察にすぐ連絡

  3. 腰痛の原因の一つは偏った体の使い方にあり

  4. 肉離れ

  5. 偏頭痛が起こる原因は

  6. 肩こりがひどく、肩甲骨が固まっています。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。